日焼け止め 塗り方

日焼け止めの塗り方とは・・・

日焼け止めは、1回について、500円玉ぐらいのクリームを出して、塗ること。

でも、肌にすりこむと、お肌が傷ついてしまうんだそうです。

肌を傷つけると、そこがシワとかたるみとかの原因になってしまうことも。


正しい日焼け止めの塗り方は、肌に乗せて、スーット、優しく、薄く伸ばすように塗って、

塗りムラが出ないように、塗ることなんだそうです。


さらに、2時間ごとに、日焼け止めを塗りなおすことも大切なポイントなんだそうです。

汗とか水とかにクリームが、触れると、簡単に落ちてしまうものだからなんだそうです。


また、日焼け止めクリームを塗ったからといって、すぐに効果が出るものではないため、

外出予定の約30分ぐらい前に、日焼け止めを、塗ってから外出するのが、正しい使い方なんだそうです。

日焼け止め 使用期限

日焼け止めの使用期限とは・・・

先日、この件について、テレビの日焼け止めの特集でも、注意喚起をしていました。


よくあることの一つに、昨年使っていた日焼け止めクリームが残っていたので、

それを、使ってしまうこと・・・

これが、良くないことなんだそうです。

日焼け止めの使用期限としては、ワンシーズンごとに、新しく買い換えるっていうことが、大事なんだそうです。


理由として、塗るタイプの日焼け止めクリームは、

一度、開封してしまうと、空気に触れた瞬間に、酸化が始まってしまうものなんだそうです。

ということは、開封した瞬間に劣化が始まっているっていうことになるっていうことに。


さらに、良くないことに、雑菌が入り込んでしまって、それが、繁殖してしまっている可能性があるんだそうです。


そんな劣化した上に、雑菌が繁殖してしまった日焼け止めクリームを、肌に塗ってしまうと・・・ニキビができてしまったり、肌荒れが起こってしまったりっていうことが、起こりかねないんだそうです。

確かに、劣化した上に繁殖してしまった雑菌を、わざわざ肌に塗っているわけですから。

飲む日焼け止め

日焼け止めのおすすめなら・・・

最近は、日焼け止めのサプリメントが話題になっています。

「飲む日焼け止め」ですね。


なんと日焼け止めのサプリメントを飲むだけで、

カラダの内側から、紫外線ケアをしてくれるかもしれないっていう・・・


っていうことは、「飲む日焼け止め」を、飲み続けることで、太陽光からの危険(光老化ともいうらしいですね。)から、逃れることができるかもしれないっていうことですね。

で、気になって、その一つを、チェックしてみました。

こちら⇒サプリだから、1日中OK♪カンタン太陽ケア【ホワイトヴェール】


メーカーさんの言う通りなら、これほど、良いものは、ないかもって、思うのですが。

なかなか、そこまで信用できないっていうのも、本音のところです。

そこで、「お試し価格で、試用してみて」っていう制度が、あるんですが・・・


この「お試し」っていうのは、最近、話題になっていますから。

お試しのつもりで、初回だけのつもりで購入したら、何回も届いて困ったとか。

すぐに止める手続きをしようとしたけど、小さな字で、「5回継続が前提」って、書いてあったから、ダメだったとか。

そこで、解約の手続きとかが、どうなっているのかを、先にチェックしてみました。


「90日間全額返金保証制度」とは・・・

よくある「シバリ」について。

・「初回限定」で「1回限り」・・・この辺は、「お試し」で考えているのですから、当たり前でしょうか。

・継続回数に関しては、何回っていう「シバリ」は、ないようですが。とはいっても、初回に購入した瞬間に、「止めます」っていうのは、できないみたいですね。

「90日間」っていう期限があるのですから、ある程度、試してみてから、「止めます」っていうことにしてねっていうことなので、このあたりも、至極もっともな話かな、と思いました。

・「初回商品到着後90日以内」・・・こちらも、ある意味良心的かも。こういった商品っていうのは、3ヶ月ぐらい継続して初めて効果を確認できるっていう類の商品なはずですから。

(とはいえ、そこまで、継続しているっていうことになるのですが・・・「90日間全額保証期間にお届けした同じ商品」が、対象になるっていうことなので、これまた、いいのかなと。)

・返品をする際には、まず、電話で、その旨を連絡すること。・・・当たり前かも。

(ご連絡先:フリーダイヤル 0120-48-2828(平日9:00から19:00。土日祝9:00から17:00。)っていうことなので、大丈夫らしいですね。)

・商品を全部、もちろん、使用済み、開封済みOKで、返送を。

・お買い上げ明細書も、一緒に同梱を。・・・これは、取っておかないと。

・返品するときに、「お買い上げ明細書」の空白の欄に、返金の振込先口座・銀行・支店・口座番号・名前を明記すること。・・・これは、忘れがちなので、気をつけないと。

・返品するときの、送料は、客側の負担に。・・・ここは、仕方ないかなと。

等々、ありました。

こうしてみてくると、全部、当たり前のことかなと、思いました。


合わなかったら、返品できるし、返金の保証が、回数の縛りもなく、できるっていうことで、

お試しをしてみるのも、いいのかなと思いました。

こちら⇒飲むだけ簡単!人気モデル愛用中の太陽に負けないサプリ【ホワイトヴェール】

 

© 2017 日焼け止め rss